早稲沢浜キャンプ場 vol.2

サイトに戻って、ボコペコを乗せて出艇。

f0237340_18282135.jpg


(この写真は次の日のものです。この日は全然写真が撮れなかったもので)


案の定、ボコは水しぶきに大興奮!
アウトリガーを足場にして(苦笑)身を乗り出すものだから、いつ落ちてもおかしくない状況。
仕方ないので、犬たちはこのままリードを付けたまま、スターン側の私が制御することにして、
バウ側のミニ助が1人で漕ぐことになりました。



二度目の上陸~。なぜか写真なし(汗
ちょこっと遊んで、すぐにサイトへ戻りました。帰りは私がバウ側。



ぎゃー!全然進まない!
私1人だと本当に大変。。まるで牛歩、いやそれ以下。
少し進んでは休むを繰り返すものだから、体力もどんどん消耗してしまう。
右側の陸地を見ながら漕いでいるので、いざとなれば上陸すれば良いので安心ですが、
もしこれが湖の真ん中だったら。。
これはしっかりとプロの方にレクチャーを受けて、練習を積み重ねないと、
とても遠くへは怖くて漕いでいけません(ーー;)


本当は2人で漕げればいいのですが、暴れ犬ボコをどう制御していくか、それが問題です。。
ペコは写真のようにじっと飼い主側に向かって座っています。これはこれで、ジャマ(苦笑
デカイので、漕ごうとすると頭にシャフトがあたるのです。それでもどかないペコって。。
ボコが落ちない程度に興奮するに留め、ペコは伏せるようにできるとベストなんだけどなぁ~。



なんとかサイトへ戻ることができ、ヘロヘロなところですが、私は夜ゴハン(久々の炭火焼き)の準備、ミニ助は武井君の点火です。

今回の武井君は「暴れる次男」の別名どおり、二度も炎上するなど暴れまくりでした(汗

原因はちょっとしたゆるみ。

湖畔で炎上する武井君を遠めに見ながら「今日はテントにこもるしかないなー」と焼き焼きしながら思っていましたが、
原因も分かり、なんとか無事に点火ができたのでした。


暖かーい、ヌクヌク~とやっている私たちの周りのキャンパーさんは、ほとんどがタープに焚き火。
時に強い風も吹いていたので、寒かっただろうな~。
ほとんど関西ナンバーだったので、ここまで冷えるとは想定外だったのかな。
私たちも22時にはテントに入ったのですが、寒くてなかなか寝付けなかったです。


5時に起きて外に出てみたら、やっぱり霜が降りていました。


分かりづらいですが、ランステも白くなっていました。

f0237340_1925321.jpg



キレイな朝焼け、風もなく、そしてこの凪を見ていたら、行くしかないでしょー!
朝ごはんを済ませたら、さっそく出艇です。


f0237340_1961580.jpg



凪いていようが全く関係なく、相変わらずのボコペコなので、今回もバウ側のみで漕ぎ出します。

昨日とは反対側の陸地に上陸します。


f0237340_1983651.jpg


艇を降りるとさっそく水遊びに興じる犬たち。


カヤックの時だけ遊べる特別のおもちゃとして、ラフウェアのアンカーを用意していました。
気に入ってくれたようで、遊べ遊べと催促です。


f0237340_19124615.jpg



さすがに5月の水はまだ冷たく、すぐに後ろ足が震えてくるので、
休憩をこまめに挟みながら、遊びます。


f0237340_1914178.jpg



小さな島なので、今度は向かいの陸地を目指してみよう。

カヤックに乗るのが楽しくなってきたのかな?
なんだか嬉しそう♪

f0237340_1921880.jpg



アップのコマンドで、だいたいすぐに乗り込んでくれます。
カヤックに嫌なイメージを与えたくないので、極力怒らず、穏やかにを心がけていたので(笑
その効果は少しはあったかな~?


f0237340_19233796.jpg



この日は午前と午後の2回でした。どちらも同じ近場の小島(笑
それでも、波によって漕ぎやすかったり、そうでなかったり。
腕もパンパンに疲れたところで、サイトに戻って、また夜ゴハン(鶏のクリーム煮)と武井君の点火です。
2日目はすんなりと点火できました(笑


裏磐梯の星はやっぱりキレイでした。


f0237340_19301712.jpg




昨日があまりにも寒かったので、あるったけの服を着込んで寝たら、逆に暑くなってしまいました。
寒かったのは1日目だけだったようです。



3日目は朝から風が吹き、曇り空だったため、カヤックはなし。
風の収まったところを見計らって、撤収作業です。


最後にボコペコの散歩を済ませ、裏磐梯を後にしました。







あー!進水式するのを忘れてたー!!Σ(゜□゜;)






以下メモ書き:

2泊3日大人2人で6000円。
車は乗り入れ自由。
トイレは見た目はアレですが、水洗。ガマンできる程度に掃除はされていました。
歩いていける範囲にあるペンションでお風呂にも入れます。
湖は桧原湖になりますが、私たちが行ったときは水は澄んでいてキレイでした。
ただ波打ち際は若干汚れています。   
[PR]
by bocopecocamp | 2010-05-11 19:14 | カヌーキャンプ
<< 庄助キャンプ場 早稲沢浜キャンプ場 vol.1 >>